メルマガ第4号『ルーティン』内容紹介(公家)

Pocket

恋愛道場第4号発刊しました。

まずは恒例のコラムからです。

公家シンジです。

 

現在、台湾の我が家に知人のナンパ師が遊びに来ています。彼は朝起きてはシャワーを浴びて昼ストに出かけ、筋トレをして、夕方アポに出かけ、夜はクラブに出かけるみたいなナンパ漬けの生活をもう4日ほどやっています。もともとは六本木周辺のクラブでオラオラなナンパをして即を量産するスタイルだったそうですが、ここ台湾ではアウェイということもあり苦戦しているようです。

 

その彼がついに昨晩、女性を部屋に連れ込みました。クラブからの一本釣り。ぼくがリビングでご飯を食べていたら、彼の部屋から男女の仲睦まじそうな声が聞こえてきます。苦節4日目、ようやく女にありついたか、よかったなあと思って静かにしてたら、ほどなく「放流した」との報せ。

 

え??おれエッチな声聴き逃した??

 

家に連れてきてリビングを経由せずにダイレクトに寝室でなごむって、もうもらったようなものなのでは??何かやらかしたか??

 

不思議に思って彼に尋ねてみると、

「抱けたと思う」

「久しぶりにすごく気が合って、抱かないほうが楽しいかなと思ってしまった」

とのこと。なにやらすごい複雑そうな顔をしていました。

 

なんと。。

 

ここでぼく自身の過去がフラッシュバックします。よく考えると、ぼく自身そんな本末転倒なことの多いナンパ生活でした。セックスの快楽よりも空間の完璧さのほうが尊いと当時はどこかで感じていたのかもしれません。女性の話を聞いていたら、自分の性欲がどこかにそっと仕舞われて、なにか別のモードに入るような感覚にひたるような経験が何度もありました。遠い目。

 

 

(時はさかのぼり、)その日ぼくは、明治通り沿いの渋谷と恵比寿の間にあるBELGOというベルギービールが飲める店で、24歳の女性とアポをしていました。数日前に渋谷の裏通りですれ違った瞬間に「この人はやばい!」と思ってがんばって話しかけた人でした。彼女はモデルのような不機嫌な歩き方で、白縁のメガネをかけて、巨大なピアスリングを両耳につけ、細いウェストからへそが露出され、極め付けには二の腕に綺麗な模様のタトゥーが入っていました。ぼくが今までの人生の中で出会ったこともないような人でした。

≪続きはメルマガにてご購読いただけます。≫

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

『恋愛道場』メルマガ冒頭ではこんな感じのコラムも書いています。

公家パート本編はコラムとは芸風をガラッと変えて、ノウハウをウンウン唸りながら書いています。

今回はルーティンについて書きなぐりました。

 

【理論パート】

あらかじめtwitterでノウハウを集めておいてもらって、使えそうなものを厳選しております。

ちなみに流星氏は125個のルーティンを全部ぶった切って寸評しています。

簡単に内容紹介。

・生活のルーティンとマインドセット

ナンパをしていない時の生活習慣などにも焦点をあてて、なるべくふだんから元気を出せるような習慣について書いています。友人のサウザー氏がアツく提唱する『オナ禁』についても書いています。

 

・オープン・セミオープンのルーティン

15個くらい、書きました。オープンよりも、その後少し反応があってからのセミオープンのルーティンが大事だということを書いています。

 

・路上での切り返し問答集

女性のよくあるパターンに応じて、笑いを交えた切り返しを提案しています。サンプル多数。

 

・万能な口ぐせ6選をインストール

これはたぶんぼく以外書いてる人いないと思う。読めばわかる。

 

・恋愛トーク導入ルーティン

アポのときに絶対に必要なルーティン

 

・公家シンジが昔使っていたオープン・ルーティン3つを特別公開

今までほとんど誰にも教えたことのない完成度の高いオープン・ルーティンを手順ごとに解説しています。

 

【音声解析パート】

5つのファイルをアップしています。

1、流星準即アポ音声

90分以上ある圧巻の音声。これのせいで今回めちゃ疲れた。アポのお手本のような綺麗な流れ。オシャレなとこで口説いています。

 

2、流星クォーターの路上からの直ホテル、ホテルギラ音声

ナンパ知らない人が聴いたら魔法のような流れになっている。それをわかりやすく解説してます。

 

3、東欧系外国人バー連れ出し音声

これも激戦の60分ちかい音声。かなり難易度高め。

 

4、ルーティン声かけヴァリエーション

5、ルーティン声かけアドリブ多め

ぼくの昔の講習生が、面と向かって女性と何も話せない状態から、ルーティンを自分なりに身につけて、それを少しずつ取り去ってアドリブを学んでいくという成長のプロセスが克明に記されている。

といったラインナップになっています。興味のある方はぜひ。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89