筋肉がつきにくい人にこそオススメしたい、バルクアップトレーニング


こんにちは恋愛道場です

 

「いやぁ、自分筋肉つかない体なんですよ〜」

 

と言ってる人

 

自宅で毎日、腕立て伏せ100回 腹筋100回!

という持久力を養うトレーニングを続けていませんか?

これでは身体が締まるだけ筋肉はつきにくいです。

 

 

自分も昔は腕立てや腹筋を100回、200回とやっていた時期がありましたが

素早くトレーニングが出来るようになったり

少し腕や腹が固くなったかな?と思う程度でした。

 

もしも筋肉をつけたい(大きくしたい)のであれば

バルクアップトレーニングを推奨します

 

*バルクアップトレーニングとは

筋肉の量を増やして身体を大きくすることです。

バルクアップするために、

以下3つのルールを守りましょう

 

1. 自分の身体に合った正しい筋トレをする

 

前回のエントリーの初心者向けの筋トレ方法を参考にしてください。

http://rdoujyou.com/renai/motebody

まずはこれらを

自分の出来る限界の重さ8回×3セット

でやりきること。

そして次回のトレーニングでは、

必ず重さを1段階あげるようにしましょう。

筋トレでは漸進性の法則と呼ばれ

同じ負荷でトレーニングを続けていると、

筋肉が慣れて今の重さに耐える筋肉に変化します

今の限界の重さが出来たから、もう1段階UP..と

自分の限界を更新していくことで

筋肉は成長していきます。

 

 

 

2. 食事量を増やす(タンパク質を多く摂取する)

 

筋肉が本当につかない人に多い理由No. 1

筋肉成長のための食事がとれていない。

一度にたくさん食べれないという人を

筋トレ界ではハードゲイナーと呼びますが

その場合、食事の回数を5〜8回程度に増やしましょう

トレーニングした日は、1日に2000~2500カロリー程度

タンパク質は体重の2倍gは望ましいです。

ほとんど食べずに筋トレだけしていると、

栄養が身体に行き渡らないのでなかなか成長しません。

筋肉をつけて体重を増やす時期

ダイエットで脂肪をカットする時期

この二つはなるべく分けて取り組みましょう。

 

 

3. 超回復のための睡眠をとる

 

筋肉が大きくなるメカニズムは

高負荷のトレーニングで筋肉に傷をつける

食事(タンパク質)によって栄養補給

睡眠中に筋肉が栄養に届き

筋肉が再合成され大きくなる(超回復効果)

 

筋肉がつくというのは一般的に

3つのプロセスを辿るため

睡眠は必要不可欠です

最低でも1日5〜6時間

激しく筋トレした場合8時間は睡眠をとるようにしましょう

自分の場合だと筋トレ後にオールすると高い確率で風邪をひきます。

体力を消耗しているので、ウィルスや細菌の免疫が落ちているからです。

筋トレ後は無理せず、休んで超回復することが大事です。

 

 

まとめ!

高負荷の筋トレをして、

筋肥大のための適切な食事をして

十分な睡眠をとれば

必ず筋肉はつく!!!

レッツバルクアップ!

 

 

 

恋愛道場では女性に楽しんでもらえるような

モテる恋愛トーク講座を開設しています。

先日配信されました、第3号の音声解析では

このような内容が掲載されています

〇随所にある和みのテクニックを徹底解析
〇トレンドを使った会話、ファッションの話
〇和みつつラブホテルへ誘導
〇個室打診への誘導
〇ギラ付きのタイミング、まわり道を指摘
〇甘える→甘えさせる関係にもっていこうとした流れ
〇随所にある美容、健康トークの解析
〇下ネタの導入についてをテクニカルに解析
〇勝敗のキーポイント

ご興味ある方はこちらの注意事項をよく読み

こちらからお申込みください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA