アポの取り付け方の基本

Pocket

みなさん、こんにちは恋愛道場運営です

今回は女性が思わずOKしてしまう、自然アポの誘い方とダメな例を紹介します

女性心理をふまえ女性が重要視する「思いやり」と「気配り」がある誘い方ができれば女性からokを貰える確率も高くなるでしょう。

 

1.グイグイはNG!「気軽に断りやすく」

経験不足の男性は「しっかり練ったプランで女性を喜ばせてるぞ!」と気合を入れます。

でも、まだよく知らない男性にガチガチに用意されても女性は「何か企んでるの?!」と身構えてしまうだけです。

まずは、「アポのOKをもらうこと」を最優先にしましょう。

女性の側からすると、「ごはんに行こう!」と、気軽に食事に誘われたほうがOKしやすいです。

 

【誘う前の心がまえ】

  1. 相手の女性は、自分になんの感情を抱いていない(期待しない)
  2. まずは、「OKしてもらうこと」を最優先に誘う(少ない時間でも会うことを優先)
  3. 相手の立場に立って誘う(相手を尊重して丁寧に誘う)

基本的には「とりあえず誘ってみよ!」という「軽さ」で誘ってみましょう。

気軽に誘えば、相手の女性も気軽に返事をしやすくなります、重く誘うと断りにくくなり面倒臭い男認定を食らいます

時間帯をあらかじめ伝えておく

アポに誘う側も緊張しますが、それは、誘われる側の女性も同じです。

あまり親しくない男性と長時間過ごすのは緊張します。「会話が続かなかったらどうしよう…」「気まづい雰囲気になったら嫌だな…」と、不安にもなります。デートプランや時間帯をあらかじめ伝えることで、やわらげることができます。あらかじめ、2、3時間ぐらい食事するだけとわかっていれば、女性も「ご飯食べるだけだし大丈夫かな!」と気軽に誘いに応じることができます。

 

2.お店について


アポというと必ず夜に「雰囲気のあるレストランでディナー」とか「個室で〇時間コースを先に予約する」など思いついてしまいいがちですが

  • 不安にさせない
  • 疑いや、警戒心を持たれないようにする

冒頭でも述べてますが例えば貴方が女性だっとして付き合ってない男性に、夜アポ、しかもコッテコテのフレンチだったり、洒落た居酒屋の個室〇時間コースを予約されたら少し身構えてしまうのではないでしょうか?

基本的に安いお店で席だけ予約しておけばOKです、個室か個室じゃないかは気にしなくてもいいでしょう

どちらかといえば横並びの席だと親近感が生まれやすいです。

誘う「理由」を作る

アポは「自然の流れ」で誘うのが一番です。
 

気負わず、爽やかに誘うためにも

女性が気軽に応じるためにも、「自然の流れ」で誘うようにしましょう。

 
誘う前に「理由」を作っておくと、「自然の流れ」に乗って誘うことができます

食事の話題をして「理由」を作る

ナンパにしろコミュニティの出会いにしろお互いの共通項がよく分からないことは多いと思います

アポ取りでやりがちな失敗は「飲みに行かない?」みたいな雑な打診です、これでは通るものも通りません。

ある種の食いつきスクリーニングにはなりますがアポをとることを最優先と考えると悪手です

・お勧めのアポ打診

鉄板なのが、気軽に「食事でもどう?」と、美味しいランチに誘うことです。食事をしない人はいません、美味しい食べ物にほとんどの子は興味会話やLINEで、「食べ物の話題」を先にしておくと、食事に誘う「理由」ができます。

 

【バンゲした際のライン~アポの取り付け例】

  • 男性「どうもさっきの○○だよ!あのあと食通の同僚がお勧めの美味しいパスタの店に連れて行ってもらったよ!」
  • 女性「ええ!いいな~!どこにあるお店?」
  • 男性「○○駅の近くにあるイタリアンだよ。他にもピザとかラザニアとか美味しいそうだったよ。」
  • 女性「へえ!私、イタリアン、大好きなんだよなー。」
  • 男性「時間あるときに今度行ってみようよ○○ちゃん結構気に入ると思うな!」

仮にこれで失敗しても、爽やかに自然に断られてるので再度和んだり、ザオラルしたときに、

  • 男性「ラインで話してるのもなんだし、この間話してた、○○駅のイタリアンにランチ食べに行かない?」
  • 女性「こないだ言ってた、美味しいお店だよね!行く行く!」

と、自然な流れで再度誘うことができます

ファーストメッセージで「食べ物の話題」をしておくと、食事に誘う「理由」ができ、自然の流れで誘うことができます。

美味しいご飯は最強の「理由」づけ

「美味しいランチ」は女性にとってパワフルな「理由」づけになります。

最初のデートの段階では、女性の恋愛感情は高まっていません。

デートに誘われた女性は、「あまり乗り気がしないな」という気持ちと、「行ってみたいな!」という2つの矛盾した感情の間で揺れ動いています。

このときに、女性のネガティブな気持ちを打ち消してくれるのが「美味しいご飯」という理由づけです。

女性は、美味しいものや、おしゃれな雰囲気が好きなので、男性に魅力を感じていなくても「だったら行こうかな!」という気持ちになります。

 

ねぎらいを「理由」付けにする

相手の女性が仕事で疲れてた

残業続きらしい

最近失恋した

仕事でミスをして落ち込んでいた。

資格試験に合格した。

っという情報を入手してた場合はねぎらいを「理由」にして打診もありです

  • 男性「ひと段落したら、お疲れさま会をしよ!美味しいご飯をご馳走するよ!」
  • 男性「元気出して!今週末、美味しいパスタを一緒に食べに行こ!ご馳走するよ!」
  • 男性「合格おめでとう!もしよければお祝いに、イタリアンをご馳走させて!」

など女性への励ましやねぎらいを「理由」にして、デートに誘うことができます。

 

ストリートナンパでのアポ取りは時間の経過ともに成功率が下がる。

相手の女性にOKしてもらうためのHOW TOを紹介しましたが。

ストではバンゲした時点でアポ打診するのが一番いいです。

LINEの場合だと返信しなければいけない強制力が働きません。
そのため「迷う時間」や「考える時間」断られる確率が高まります。

人は「相手が見えていると断りにくい」という習性があります。メールで誘われた場合、罪悪感なく断れますが、電話や対面だと、罪悪感が働き断りきれなくなります。相手との心理的、物理的距離が近ければ近いほど断りづらくなるのです。


 
 

まとめ

アポ取りは、自己満足のお店選びや驕りが魅力的だから成立するわけではありません

それ以前の和みで「一緒にいると楽しそう!なんか居心地がいいな」印象を与えることができて成立できるものです

それでも、ほんの僅かの可能性を我々は最大限にプレゼンして女性をその気にさせる努力は必要なのではないでしょうか




毎月お楽しみの恋愛道場登録は⇩からどうぞ。
全ての魅力をここでは書ききれないボリュームになっております!

恋愛道場口コミはこちら


登録は恋愛道場概要をよく読んで、こちらでお申込み出来ます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA