メルマガ第10号『発想力』内容紹介(公家)

Pocket

記念すべき第10号のテーマは、『発想力』『イメージ』!!

今号は今までの中で一番時間をかけて、書いては消し書いては消しを繰り返しました。テーマが抽象的なだけに、とても主観的な内容になっております。それにしても、ほんとにちょっと編集者がいる。コミュニケーションとかに全然興味ないけど文章の構成力あるひとに、手伝ってもらいたいかも。

それでは、公家コラムの紹介から。

 

<1>

今月は韓国ソウルのイテウォンというところにいたのですが、ここはやばかった。東京の代表的な繁華街であるところの新宿や六本木の熱気って、室内に籠ってるような、盛り上がってる部分ってそんなに外までは漏れ出てないようなイメージがあるんですよね。たくさんの密室があるというような。逆にイテウォンは熱気が路上にあふれ出しているようなそういう印象を受けました。近くに米軍の基地があるせいか、アメリカ系の文化が中心になって街が発達しているのは確かなんだけど、そこにいる連中っていうのは、ほんと多国籍。アジア系はもちろん、アングロサクソン、ヒスパニック、アラブ系、アフリカ系などあらゆる種族が入り乱れて、どこを見渡してもよくわからない感じの女性がいる。もうナンパ師冥利に尽きるといった感じの場所です。それから空間が立体的なのもよかった。3年ほど前に香港ツアーでランカイフォンという繁華街を我が物顔で闊歩していた時も同じような印象を受けましたが、イテウォンのほうが規模においても多様性においても2回りほどうわてだと思います。ちなみにニックネームは『世界の縮小地』っていうらしい。かっこよすぎでしょ。

こういう繁華街ってみんなそれなりにお酒が入っているせいか、男も女も本能に忠実な動きをするんですよね。その結果、すごい勢いでカップルが成立していくし、すごい勢いで男たちは女たちから睨まれ拒絶されていく。男同士の小競り合いも尽きない。つまりイテウォンでは、時間が加速している。そして路上の恥は路上で掻き捨てという言葉が示すとおり、女性へのアプローチの失敗は酒と共になかったことになって、何度も何度も繰り返される。アホといえばアホですが、アホをアホたらしめているのは、この路上の懐の広さなのですね。ぼくも講習してた頃は、よく路上で地蔵している講習生に「ストリートをもっと信用しなよ」「渋谷の路上に抱かれてこい」などとスピードワゴンの小沢さんが言いそうな浮いたセリフを吐いては白い目で見られていましたが、イテウォンだったら、イテウォンで講習したら、渋谷のときより言葉に魂が宿るんじゃないかな。うん、最近イテウォンのことが頭から離れない。

 

<2>

最近twitterで偶然、婚活とAI(人工知能)との相性について語っているコンサルタントの方を目にしました。詳しい内容はすっかり忘れてしまいましたが、なんかズレたこと言ってた。たぶん、AIがいろんな人間の相性の最適解を導き出せるとかそういう内容だったかな。東京のAさん(29)は中流階級出身、私立の中高を出て理系のMARCHに進学し大手メーカーに就職。非喫煙、非ギャンブル、飲酒は嗜む程度。過去の女性経験はあれだが離婚歴はなし。恋愛工学歴は2年。そういうAさんが結婚するのに最適な女性というのは、、この女性です!みたいな。

まず最初に、結婚に最適解なんて存在しないとぼくは思っています。最適を目指すんじゃなくて、最悪の相性を回避すること。それができるなら、とにかく関係は変化させながらも継続させていけるし、それこそがサクセスフルな結婚なんじゃないのかなと。そういうわけでAIが活躍する場は、結婚予測よりもむしろ離婚予測のほうにあると思います。それから次。AIごときにレコメンドされただけで、結婚になんて至れねーよバカ。

≪続きはメルマガにてご購読いただけます。≫

 

それでは内容をダイジェストで紹介していきます。

 

【流星理論パート】

前号『興味力』からの流れの続きで、

女性との会話の展開の仕方を、『トークを向上する興味力と発想力の方程式』と称して、書いてくれています。女性となにを話せばいいのかわからない男性が、ルーティンの枠を越えて、やっていきたいときにとても参考になる内容です。

その中で重要な概念に≪KEY≫というのが出てきますが、これを見際めて活用することで、自然な会話が展開されていくその様子が、多くの例とともに紹介されています。どのようにKEYを見つけて活用すればいいのか、そういうところを意識しながら会話しているととても上達していくと思います。

それから発想力を駆使した流星のLINEスタンプ術も見せてくれています。毎号恒例、時期に応じたファッション特集もあり。

 

【公家理論パート】

公家パートでは、『イメージ』『興味』という2つのキーワードでもって、まとまりがないながらもいろいろと書いています。ぼくの一貫したメッセージとしては、自分の心の中でどういうことが起こっているのかっていうのをしっかり認識しましょうね、ということだと思います。たくさんの自動的な無意識の思考や世の中が吹聴するようなイメージの例をあげながら、それに影響を受けている自分の内面に少しでも気づけるようにという思いを込めて書きました。今までで一番思想強めかもしれない。

今回はわかりやすいノウハウの部分は少ないので、前号のクラブナンパノウハウに引き続き、特別付録第2弾としてコンビナンパの基本ノウハウについて書いております。こちらはすらすらと読みやすい内容です。男性2人の連携の仕方と、扱いづらいタイプの女性の例と対処法などをわかりやすく書きました。

 

【音声解析パート】

・流星即ゲット

まさかのダイソー連れ出し。そしてそこで繰り広げられる数々の会話。まさにKEYを活用した会話を見せてもらえます。それからその後のカラオケ連れ出しでは、なかなか見れないような流星氏のダイレクトなシモネタトークを拝聴できます。

・それからリスナー音声は4つあります。

今回はナンパナンパしていない音声も多く、女性とのふつうの日常会話の要素が多かったです。しかしながら、しっかりと聴いていないと女性の真意が読みづらいものもあり、現場ではかなり集中力を求められただろうなというものもありました。公家は今回は特に『自意識過剰』という観点に着目して、トーク術を解析していったような気がします。

 

【その他のコンテンツ】

特筆すべきは、前号から始まったリスナーレポート。【非モテ意識が強い人が持つべきマインドセット】という内容で、これが実体験が凝縮されたような内容で、本当によかった。

それから、流星公家で今号の内容について紹介した音声(LINEを通じた遠距離会話)も1時間ほどあります。途中から雑談っぽくなっているみたいですが、わりとおもしろいとの評判です。ぼく個人は内容紹介よりも雑談のほうが好きです笑

さらに今号からゲストの執筆も始まりました。非定期ででも、いろんな方たちから寄稿してもらいたいと思います。

 

毎月1度の配信を徹底的に消化して、1年かけてコミュニケーション能力を根本から鍛えなおそう。膨大なトーク実録音声が目玉の恋愛道場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA