モテない男性こそ、女性宅へ転がりこもう。


「犬飼ってるの?飼い主と顔似てるか確かめさせて。笑」

「料理得意なんだ?俺サラダ作るのだけはうまいから対決しよう。」

「家でコーヒー豆挽いてるんだ?おもてなしドリップ飲みたい!」

 

これらは全て女性宅で、

セックスするための口実です。

 

「今から?今日?笑」

と返されたら、

「そう。この後に予定あるからすぐ帰るけど。」

と軽く返しましょう。

 

なぜ、モテない男性こそ

女性宅へ行くのを勧めるのかというと、

女性に対する理解力を深めるためです。

 

 

以下、女性宅へ行くことで

女性に対する理解力が深まる2つの理由。

 

一つ目

女の子のセックス観を知ることができる。

家に入る=セックスOKという

一般的な男性観があります。

 

しかし、家に入れてくれる女性には3パターンあって、

①多少のグダはあっても、男に誘われたら体を許してしまうタイプ。

頻出ワード「今日はそういうつもりじゃないんだけど笑」

言葉、ボディッタッチ、または両方で崩す。

 

② 女の子から攻めてくるような肉食系タイプ。

頻出ワード「〜くんかわいい。こっち来て。」

うっとうしがると余計に女からやってくる。

 

③ 男に誘われてもスイッチが入りにくい無理めタイプ。

「そういうことしないって決めてるから(怒)」

こしょばせる、じゃれあいから発展させるのがベター。

とこの3つに大別されます。

 

①の場合「今日はそんなつもりじゃない〜!笑」

頻出の形式グダですが。

「俺はお前のこと抱きたい!」と熱意で攻めるか、

「そっかそっか」と言葉を流し、体に訴えるかです。

今日の女の子はどれに当てはまるのか

と女の子のパターンを知ることで

適切な解法を当てはめることが

できるようになります。

 

 

二つ目

女の子の生活の一部をリアルに知ることができる。

カフェや居酒屋で会話している時に

「家に帰ったら何してるの?」と聞くことは多いと思います。

「別に何もしてないよ。」と返事されることってありますよね。

 

でも、女の子は一人でテレビを見ていたり、出会い系サイトを眺めていたり、

社会人なら仕事を持ち帰り、学生ならテスト勉強、

おしゃれにこだわる人ならネイル、美容の手入れをしていたりするんですよね。

外で話していれば、想像つきにくいものでも

家に入ることが出来れば、テーブルに置いてあるもの

地面に散らばってるもの、あるい綺麗に整頓されてるのを見て

どういう人なのかを理解することが出来ます。

 

ただ想像つきにくく、よくわからないから「そうなんだ。」

とだけ返しても二人の距離は縮まりません。

慣れていれば、「なんか疲れてそう。仕事持ち帰ってるんじゃない?」

「俺もそうだよ〜」という自分の体験談を話して共感を得られれば

気持ちのやりとりができて距離を縮めることが出来ます。

 

というわけでまとめ。

モテないやつこそ、女の子の家に転がり込み

女性に対する理解力深めましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA